はじめての友達

はじめての友達1 編集
『はじめての友達1』という本だ。
それは ある 晴れた日のこと。
大きな森にすむ トンブレロのトンちゃんは
森の学校に 通うことになりました。
はじめての通学路 笑顔を浮かべ 友達と語りあう
たくさんの生徒たちの姿を見て 自分にも
あんな友達ができたらと 胸をおどらせました。
この学校で たくさんの友達を作ろう!
トンちゃんは そう決心するのでした。
マップ 部屋名 座標 種別
第一本校舎 2階 図書室 C-4

はじめての友達2 編集
『はじめての友達2』という本だ。
友達を作るためには どうすればいいだろう?
まだ見ぬ友の顔を 想像しながら
トンちゃんは 色んなことを 考えました。
一緒に 砂遊びがしたくて
思いっきり サンドブレスを はきました。
みんな 砂まみれになってしまいました。
オニごっこに加わりたくて 思いっきり
かけよったことも ありました。
トンちゃんの キバがささって 大変でした。
トンちゃんは 友達を作ろうと
いつも 一生懸命でしたが 空回りばかり……。
友達は いつまでたっても できないままでした。
マップ 部屋名 座標 種別
第二本校舎 2階 錬金室 F-6

はじめての友達3 編集
友達ができず 途方に暮れていたトンちゃんが
あきらめかけていた頃 ピッキーの男の子
ピーちゃんと 出会いました。
ピーちゃんは いつも 周りの誰かのことを
気にしていました。周囲の顔色を うかがっては
自分のしたいことも できずにいたのです。
ピーちゃんは トンちゃんの素直な行動力を
うらやましく思っていました。
それは 自分にはない 強さでした。
一方 トンちゃんは そんなピーちゃんの
周りの人への 気遣いの気持ちを 知りました。
それは 自分にはない 優しさでした。
ふたりは ごく自然に 話すようになりました。
トンちゃんと ピーちゃん それぞれに
はじめての友達が できたのです。
マップ 部屋名 座標 種別
第二本校舎 1階 鍛冶室 C-5

はじめての友達4 編集
『はじめての友達4』という本だ。
お互いにないものを持つ ふたりは
相手のよいところに 学び
自分の悪いところを 見直していきました。
自分本位だった トンちゃんは 周りのことを
考えるようになり 消極的だった ピーちゃんは
少しずつ 自分の意見を言えるようになりました。
そんなふうに 過ごすうちに いつの間にか
ふたりの周りには 多くの人があふれ
たくさんの友達が できていたのです。
こうして トンちゃんも ピーちゃんも
友達のことを想い 友達にも想われ
楽しい学園生活を送ることが できました。
だけど お互いが 一番の友達であることは
変わりません。はじめての友達は
かけがえのない 生涯の親友となりました。

マップ 部屋名 座標 種別
第二本校舎 3階 生徒指導室 E-6


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-04-26 03:55:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード