はじめての友達4

はじめての友達4 編集
『はじめての友達4』という本だ。
お互いにないものを持つ ふたりは
相手のよいところに 学び
自分の悪いところを 見直していきました。
自分本位だった トンちゃんは 周りのことを
考えるようになり 消極的だった ピーちゃんは
少しずつ 自分の意見を言えるようになりました。
そんなふうに 過ごすうちに いつの間にか
ふたりの周りには 多くの人があふれ
たくさんの友達が できていたのです。
こうして トンちゃんも ピーちゃんも
友達のことを想い 友達にも想われ
楽しい学園生活を送ることが できました。
だけど お互いが 一番の友達であることは
変わりません。はじめての友達は
かけがえのない 生涯の親友となりました。

マップ 部屋名 座標 種別
第二本校舎 3階 生徒指導室 E-6

  • 最終更新:2017-02-07 21:12:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード