ナドラガ教団大神殿

マティルのほむら祭り 編集
『マティルのほむら祭り』という本だ。
マティルの村では 年に一度
盛大な祭りが 開かれる。
村人総出で フェザリアス山に向かい
山頂に住まう聖鳥から 魔よけの炎を授かる。
それが この祭りの主な目的とされる。
このとき 奉炎のトーチと呼ばれる
特別なたいまつが 使用されるという。
普通のものでは 聖鳥の炎に耐えられないからだ。
奉炎のトーチに灯された 聖鳥の炎は
1年の時を過ぎても 決して
消えることは なかったという。
マップ 部屋名 座標 種別
ナドラガ教団大神殿 1階 神官の部屋 F-4

ナドラガ教団 心得の条 編集
『ナドラガ教団 心得の条』という本だ。
炎に焼かれ 氷に閉ざされ 闇に落ち
水に流されようとも 嵐にはばまれようとも
生きることを あきらめてはならない。
ナドラガ神に仕えし 神官たる者。
民草の手本となるべく 深く 心に刻むべし。
マップ 部屋名 座標 種別
ナドラガ教団大神殿 1階 神官の部屋 F-4

竜化への道 編集
『竜化への道』という本だ。
竜族の中には ヒトの姿から
雄々しき竜の姿へ 変化するという
特別なチカラを持つ者がいる。
……だが その数は 少ない。
もとから 素質を持つ者が
身体と精神を ともに 極限まで
きたえあげねば ならぬからだ。
この先は 激しい修行の方法が
えんえんと 書かれている……。
マップ 部屋名 座標 種別
ナドラガ教団大神殿 2階 神官の部屋 F-4

竜族の神 ナドラガ 編集
『竜族の神 ナドラガ』と記された
とても 古びた本だ。
創世の女神の子たる 7柱の種族神。
竜族の神 ナドラガは その中で
最初に生まれし 長兄の神と されている。
ナドラガは 女神ルティアナより
弟妹たる 6柱の神が創りし 種族たちの
繁栄と共存を 見守る役を与えられた。
ゆえに ナドラガの創りし 竜族は
その役を 果たさなくてはならぬ。
たとえ 他の種族と争うことになろうとも。
マップ 部屋名 座標 種別
ナドラガ教団大神殿 総主教の部屋 E-2

解放の書 編集
『解放の書』と記された とても 古びた本だ。
5つに 分かたれた 領界を ふたたび
ひとつにする者が いずれ 現れる。
神託に示されし その者は 解放者と呼ばれる。
解放者が 業炎の聖塔の試練を果たしたとき
炎は しるべとなり 光の道が現れる。
マップ 部屋名 座標 種別
ナドラガ教団大神殿 総主教の部屋 E-1


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-10-20 05:38:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード