ナルビアの町(オンライン)

消えた錬金術師 編集
『消えた 錬金術師』という本だ。
昔 この町には 高名な錬金術師がいた。
そのウデを聞いて 多くの人が訪れたものだが
ある日を境に 姿を消してしまったのだ。
何年経っても ちっとも老けない 若さのヒケツを
いつか 聞こうと思っていたものだが……。
まったく 惜しいことをしたものだ。
マップ 部屋名 座標 種別
ナルビアの町 民家 B-5

伝説の霊草 編集
『伝説の霊草』という本だ。
かつて この地のどこかには
テンスの花と呼ばれる 伝説の霊草が
咲いていたという。
その花は ある一族によって 守られてきたが
花とともに その存在は 忘れられてひさしい。
かの一族の名を エテーネという。
マップ 部屋名 座標 種別
ナルビアの町 民家 E-4

さまよえる錬金術師 1巻 編集
『さまよえる錬金術師 1巻』という
分厚い本が 置いてある……。
この本は 読むのに
かなりの時間が かかりそうだが
今 読んでみますか?
○○は
『さまよえる錬金術師 1巻』を
読み始めた……。
あれは ひどい 雨の日のことだった……。
いまだ 年若き修道士だった私は
巡礼のため 世界中を 旅していた。
突然の雨から 逃れるため 大きな樹の根元へ
駆け込んだ私は 先客に気づいた。
それが 謎めいた人物との 出会いだった
さすらいの錬金術師 □□と名乗る
その人物は 雨があがるまでの間 退屈しのぎにと
その奇妙な生涯の ほんの一部を聞かせてくれた。
これから書く物語は すべて
□□から 聞いたものである。
その長い旅は サザミレ草原から 始まった……
このとき……□□は 自分の身に
何が起きているのか わからなかった。
故郷 エテーネの村が 魔物におそわれ
自らも あわや 命を落とさんという瞬間
……気がつけば サザミレ草原にいたという。
生まれ故郷の エテーネの村へ 帰りたい。
その願いだけを抱き □□は
近くにある町……ナルビアの町を目指した。
イッショウという この男と 出会わなければ
自分の人生は まるで違ったものになっただろうと
□□は 語った。
イッショウの娘 リリオルのため □□は
メラゾ熱のクスリの 錬金を試みる……。
こうして……さすらいの錬金術師 □□は
イッショウのもとで 錬金術の修行をしながら
故郷 エテーネの村を 探すこととなった……。
  『さまよえる錬金術師 2巻』へ つづく
マップ 部屋名 座標 種別
ナルビアの町 民家 B-5



その他

写真立て 編集
美しいマデ島の写真が 飾られている。
写真には マザー・リオーネと名を変えた
リリオルに会った 修道院も写っている。
マップ 部屋名 座標 種別
ナルビアの町 民家 B-5 その他


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-11-29 03:14:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード