ピラミッドの黄金の秘宝

ピラミッドの黄金の秘宝 編集
『ピラミッドの黄金の秘宝』という本だ。
その男は 今日も ピラミッドにやってきた。
お目当ては もちろん 手にすれば
巨万の富を得られるという 幻の秘宝……。
沈黙を守る アラハギーロ王家の霊廟。
薄暗い通路を 通いなれた足取りで進み
彼は 秘宝の眠る棺の前に たどり着いた。
棺に手をかけた その時……
重々しい呪いの言葉が 室内に響き渡り
秘宝の守護者たる 亡者どもが襲いかかる!
「やれやれ……」 男は ため息混じりに
身の丈ほどもある 砂漠の宝剣
太陽神の曲刀を抜き 亡者の群れを迎え討つ。
戦いの末 手に入れたのは 単なる金塊だった。
「やはり 幻の秘宝は 第六の霊廟にあり……か」
秘宝の探求者 シンドラの冒険は続く……。
マップ 部屋名 座標 種別
真のアラハギーロ王国 民家 D-6

  • 最終更新:2014-05-19 23:20:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード