フォステイルの奇跡

フォステイルの奇跡 第1巻 編集
『フォステイルの奇跡 第1巻』という本だ。
むかしむかし 重い病気で苦しむ少女がいました。
どんな お医者さんも 治せない病気で
かわいそうに ずっと ベッドに寝たきりでした。
しかし ある日突然 フォステイルが現れ
ニコッと その少女に ほほえみかけたとたん
なんと 病気が治ってしまったのです!
元気になった少女が お礼を言いかけると
「君の笑顔が見れただけで 充分さ」とだけ告げて
フォステイルは どこかへ去っていきました。
マップ 部屋名 座標 種別
オルフェアの町 宿屋 G-6

フォステイルの奇跡 第2巻 編集
『フォステイルの奇跡 第2巻』という本だ。
旅の途中 フォステイルは 木々が枯れ果てた
呪いの森へ 足を踏み入れました。
枯れた木や草花を かわいそうに思った
フォステイルは ポロロンポロロン…と
リュートを 奏ではじめました。
すると どうでしょう!
みるみるうちに 森の木は若葉をたくわえ
地面は きれいな花のじゅうたんになりました。
人々は フォステイルの像を建て
今もなお 奇跡の魔法が 宿っている
この美しい広場に 彼の名をつけました。
マップ 部屋名 座標 種別
オルフェアの町 民家 G-2

フォステイルの奇跡 第3巻 編集
『フォステイルの奇跡 第3巻』という本だ。
リンクル地方にある 銀の丘は もともと
紫色の毛むくじゃらで おそろしく強い
バズズという魔物の 棲みかでした。
 
ある日 フォステイルが現れ バズズに
自分が勝ったら この丘から出ていくようにと
勝負を 持ちかけました。
勝負が始まって すぐ フォステイルは
リュートをつまびき 不思議な魔法で
丘全体を 白い霧に 包み込みました。
霧が晴れると なんと 辺り一帯は
銀一色の世界に 変わり果てています。
そして バズズの毛も 銀色になってしまいました!
バズズは ただの シルバーデビルになり
チカラも すっかり弱まってしまったため
もはや フォステイルの敵ではありませんでした。
こうして 魔物は 丘から退散しましたが
フォステイルの 小粋な魔法は
今でも 丘にかけられたままです。
マップ 部屋名 座標 種別
メギストリスの都 民家2階 B-4

フォステイルの奇跡 第4巻 編集
『フォステイルの奇跡 第4巻』という本だ。
何百年の時を経ても 変わらぬ外見で
私たちの前に姿を現す フォステイル。
でも 彼が どこからやって来て
この先 どこへ行くのか
知る者は 誰ひとりとして いません。
ただ 心から彼を必要とし 彼を呼ぶ声のもとに
必ずや フォステイルは訪れるでしょう。
美しいリュートの音色と ともに……。
マップ 部屋名 座標 種別
メギストリス城 大使室 G-5




コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-05-17 18:17:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード