フォステイルの奇跡 第2巻

フォステイルの奇跡 第2巻 編集
『フォステイルの奇跡 第2巻』という本だ。
旅の途中 フォステイルは 木々が枯れ果てた
呪いの森へ 足を踏み入れました。
枯れた木や草花を かわいそうに思った
フォステイルは ポロロンポロロン…と
リュートを 奏ではじめました。
すると どうでしょう!
みるみるうちに 森の木は若葉をたくわえ
地面は きれいな花のじゅうたんになりました。
人々は フォステイルの像を建て
今もなお 奇跡の魔法が 宿っている
この美しい広場に 彼の名をつけました。
マップ 部屋名 座標 種別
オルフェアの町 民家 G-2

  • 最終更新:2015-01-05 15:36:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード