偽のリンジャの塔

はじめての呪術 編集
『はじめての呪術』という本だ。
恋愛 仕事 家族……
古今東西 私たちの悩みは 尽きることがなく
多くの場合 人間関係に その端を発している。
あんなヤツ いなくなってしまえばいいのに……
そう思ったことが 誰にでも
一度は あるはずだ。
この本では そんな憎い相手をこらしめる呪術を
カンタン お手軽にできるよう
図解と共に わかりやすく紹介している。
ただし 呪術は 術者本人に
鈍いが 跳ね返ってくることもあるため
使用の際は くれぐれも慎重に。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔 4階 C-6

ぼろぼろになった誰かの日記帳 編集
ぼろぼろになった 誰かの日記帳のようだ。
いよいよ明日は 私の初めての任務となる。
考えるだけで 胸が高鳴り なかなか寝付けない。
いったい どんな村なのだろうか。
私に課せられた任務は 魔物に狙われた村を守り
将来に渡り 寄せ付けない対策を考えること。
とても 責任の重い任務だ。
師は 私なら この重要な任務を達成できると思い
任せてくださったのだろう。その信頼がうれしい。
師の期待に応えるため 私は全力を尽くそう。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔 4階 C-6

ぼろぼろになった誰かの日記帳 編集
ぼろぼろになった 誰かの日記帳のようだ。
たとえば 自らが何日もかけて 解決した問題を
ふと現れた天才に 一瞬で解かれてしまったら
人は 何を感じるだろうか?
自らの 血のにじむような努力は
天才のひらめきの前では 何の意味もなさないという
現実を 目の当たりにしたとき……
人は 笑うのだ。
圧倒的な 才能の前で
私は 笑うことしかできなかった。
果たして 私の探求に 意味はあるのだろうか。
そう考えると 胸が張り裂けそうになる。
彼の無邪気な笑顔が ひどく残酷に見えた。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔 4階 C-5

ぼろぼろになった誰かの日記帳 編集
ぼろぼろになった 誰かの日記帳のようだ。
太陽は 明るく 地上を照らし
寒さに凍える者を 優しく温めてくれる。
だがもし 太陽に近づきすぎれば
まぶしすぎる光で 目はつぶれ
その熱に 身体は燃え尽きてしまうだろう。
そして 太陽がなければ 輝けない月は
そんな太陽から 離れることも かなわない
いっそう あわれな存在なのだ。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔 4階 C-4

ぼろぼろになった誰かの日記帳 編集
ぼろぼろになった 誰かの日記帳のようだ。
書きなぐったような 乱雑な文字で
さまざまな 呪いの言葉が書かれている。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔 4階 C-3

ぼろぼろの日記帳 編集
古くて立派な 祭壇だ。
中には ぼろぼろの日記帳がある。
日記を読みますか?
○○は
ぼろぼろの日記帳を 読んだ。
今日は 待ちに待った 夜祭りの日だ。
祭りの日に 君に想いを伝えると 決めてから
おどろくほど 日々は もどかしく過ぎていった。
私の伴侶となるのは 君しかいない。
だから 今日のために用意した指輪には
君の名を 刻んでいた。
この指輪を渡せば 明日から 君との
新しい日々が始まる……そうおもっていたのに。
それが まったく 逆の意味になろうとは!
君が アイツに 親密な声で語りかけるたび
熱を帯びた視線で ほほえみかけるたび
我を失い 胸をかきむしりたくなる。
君の名を刻んだ指輪が 燃えるように熱い。
こんな指輪 そのまま溶かして
君を閉じ込める 監獄のカギにしてしまおうか!
○○は ぼろぼろの日記帳を
見なかったことにして そっと戻した。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔 禁呪の祭壇 D-3
※クエスト「流星の追憶」クリア後


その他

石碑 編集
この大地と海が
精霊の恵みで 満たされんことを。
リンジャハルの民に 光あれ。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔
真のリンジャの塔
2階 D-5 その他

石碑 編集
ここは リンジャの塔。
海洋都市リンジャハルの民の
信仰の象徴なり。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔
真のリンジャの塔
2階 D-6 その他

石碑 編集
闇は 常に我らの内にあることを
忘るるなかれ。
マップ 部屋名 座標 種別
偽のリンジャの塔
真のリンジャの塔
2階 E-5 その他


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-09-16 02:11:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード