大陸間鉄道 開拓への道

大陸間鉄道 開拓への道 編集
『大陸間鉄道 開拓への道』という本だ。
我々の 毎日の暮らしをささえる 大陸間鉄道。
その成り立ちは 数百年前 ひとりの男が
起こした行動が きっかけとされている。
その男の名を イザクという。
彼は 海の上に線路を敷き 世界をつなげる
夢の鉄道を作ろうと 各地の国王に提案したのだ。
当初 どこの王様も まともに とりあってくれず
イザクは あちこちで 笑い物になった。
だが 彼は それでもあきらめなかったのである。
イザクは 1本1本 レールを敷いて ひとりで
線路を作りはじめた。やがて その姿に心打たれ
協力する人が すこしずつ 現れていった。
イザクは 鉄道の完成を見ずに この世を去ったが
仲間たちが その遺志を継ぎ 彼の死から百数年後
見事 大陸間鉄道は 完成したのである……。
マップ 部屋名 座標 種別
メギストリス城 大使室 G-5

  • 最終更新:2014-05-20 03:24:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード