孤島の修道院

修道女のオキテ 編集
『修道女のオキテ』という本だ。
修道院の暮らしは 質素が美徳。
毎日 せんたく おそうじを欠かさず
食事の際は 神への感謝を 捧げましょう。
それから もし 神に仕える生活の中で
人恋しくなる時があっても 後輩の修道女に
おイタをしては いけませんよ。
マップ 部屋名 座標 種別
孤島の修道院   B-4

レンダーシア航海記 編集
『レンダーシア航海記』という本だ。
○月△日 レンダーシア内海にある
エテーネの島を目指し
グランゼドーラ港を 出港。
○月×日 レンダーシア内海に 到達。
○月□日 穏やかだった風が強まり 荒天。
マストの破損により 漂流に入る。
×月△日 漂流を続け 孤島に漂着。
×月☆日 天に啓示を求め 修道院の建設を開始。
……航海日誌は この日で終わっているようだ。
マップ 部屋名 座標 種別
孤島の修道院   F-4

マデ島 編集
『マデ島』という本だ。
マデ島は 周囲を岩礁に囲まれた
絶海の孤島である。
昇る朝日は美しく 輝く星空は麗しい。
この島は かつて 栄華を極めた都市の
一部であった可能性が高い。というのも 島の
あちこちに 水没した遺跡を発見できるからだ。
だが その真相を知る者は 今は残されていない。
残されているのは ただ 時が経っても変わらない
空と海の 青だけだ。
マップ 部屋名 座標 種別
孤島の修道院   F-5

さまよえる錬金術師 3巻 編集
『さまよえる錬金術師 3巻』という
分厚い本が 置いてある……。
この本は 読むのに
かなりの時間が かかりそうだが
今 読んでみますか?
○○は
『さまよえる錬金術師 3巻』を
読み始めた……。
強大なる魔物 バルザックを倒した
さすらいの錬金術師 □□は
金のほこらの 閉ざされていた扉を 開いた……。
扉の向こうに 広がっていたのは
□□が 夢にまで見た
懐かしき故郷の風景だった。
□□は 走った。
とうとう 生まれ故郷の エテーネの村へ帰れる。
(兄弟姉妹)の ○○にも会えるのだ……!
しかし……!
たどり着いた その場所は エテーネの村。
だが……□□の 知っている故郷とは
どこかが 違っていた。
おかえりと 自分を 迎えてくれる者はなく
(兄弟姉妹)の姿も どこにもない。人々は なぜか
□□のことを 村の救世主と呼んだ。
とまどう □□は エテーネの村で
村人を導いている 巫女……
懐かしき アバの名前を耳にした。
アバは 今 継承の儀式を行っているという。
□□は アバの従者 チャツカに頼まれ
儀式を終わらせるため ふしぎな豆を 錬金した。
アバと □□を 残し
村人たちは 去っていった……。
ようやく 再会した 懐かしい名前の人物……
カメさまから お告げを授かり エテーネを導く
巫女アバは なんと 幼い少女の姿だった。
あまりのことに 呆然とする □□に
幼いアバが 話しかけたきた……。
幼いアバによれば □□は なんと
時を渡り 過去のエテーネの村へ 来たというのだ!
……長い語りを終えると □□は
深いため息をついた。私は 思いがけない結末に
すっかり 混乱してしまった。
時渡りの術などというものが 存在するとは
とうてい 信じられない。
だが □□は 真実だと言い張った。
過去のエテーネの村へ 着いてから ずっと
□□は 元の時代へと戻る方法を 探して
さまよい続けているのだ……と。
それで 戻る方法は 見つかったのか? と聞くと
□□は さみしそうに笑い
すっと 空を 指差した。
雨あがりの空には 美しい虹が 現れていた。
私が 虹に 見とれていた 一瞬の間に
さすらいの錬金術師は 姿を消していた……。
あの 雨の日に出会った 錬金術師の話は
本当に 起きたことだったのか。
□□とは いったい 何者だったのか。
私は 今でも 雨の日がくると
さすらいの錬金術師 □□の
あの さみしげな笑顔を 思いだすのだ……。
    『さまよえる錬金術師』 おしまい
マップ 部屋名 座標 種別
孤島の修道院   E-4


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-11-29 03:28:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード