小さな英雄ザンクローネの物語 第2話

小さな英雄ザンクローネの物語 第2話 編集
『小さな英雄ザンクローネの物語 第2話』
という童話だ。
巨大な足に襲われた 小麦畑の中の村は
小さな英雄 ザンクローネの活躍で
平和な暮らしを 取り戻していました。
しかし 平和な時は長く続きません。
真っ黒な雲が 村をおおい
とつじょ 巨大な顔が現れたのです。
巨大な顔は 村中を飛びまわり
逃げる村人たちを ムシャムシャ食べていきます。
みんなは ザンクローネの名を呼びました。
ザンクローネは 火の玉のように駆けつけて
巨大な顔を 倒しましたが
村の少年を守った時 深い深いキズを負いました。
お前自身が英雄になれと 少年ラスカに言いのこし
ザンクローネは 死んでしまいました。
村は 深い悲しみに包まれました……。
マップ 部屋名 座標 種別
真のメルサンディ村 童話作家の家 2階 E-2

  • 最終更新:2014-05-19 23:07:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード