小さな英雄ザンクローネの物語 第3話

小さな英雄ザンクローネの物語 第3話 編集
『小さな英雄ザンクローネの物語 第3話』
という童話だ。
小さな英雄ザンクローネを 失った村は
深い悲しみと 絶望に包まれていました。
そこに おそろしい報せが 入ります。
黒雲とともに 村に巨大な手が現れて
少年ラスカの姉を さらっていったというのです。
しかし 助けてくれる英雄は もういません。
ラスカは ザンクローネに 英雄になれと
言われたことを思いだし 姉を助けるため
たったひとり 巨大な手に立ち向かいます。
そこに 不思議な旅人 ○○が現れ
真っ赤な宝石を かかげると なんと
英雄ザンクローネが 復活したではありませんか。
ザンクローネは 巨大な手を倒し
ラスカと その姉を 助けだしました。
村に ふたたび 平和が訪れました。
マップ 部屋名 座標 種別
真のメルサンディ村 童話作家の家 2階 D-2

  • 最終更新:2014-05-19 23:08:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード