忘れられた書庫

グレンの王 編集
『グレンの王』という本だ。
グレンの王は 世襲制ではなく
代々 強き者に 次の王座をゆずる
実力主義で 受け継がれてきた。
王に ふさわしい者の強さとは
腕力だけを指すのではなく いざというとき
困難に臆せず立ち向かう 心の強さも示している。
チカラと心 両方の強さを 兼ねそなえた者こそ
民衆の心をつかむ 良き王となりえるのだ。
マップ 部屋名 座標 種別
忘れられた書庫    C-6

恋に落ちた竜 編集
『恋に落ちた竜』という本だ。
昔 オーグリード大陸の ある集落に
ひとりの娘がいました。美しく 心優しい娘は
誰からも 愛されていました。
それは 伝説の悪竜ですら 例外ではなく
一目で恋に落ちた竜は 娘をさらっていきました。
しかし 100年に一度 竜の血は
どうしようもなく 凶暴に たぎります。
娘は 狂った竜のツメで 命を落としたのでした。
正気に戻った竜は なげき悲しむあまり
深い 深い 眠りにつきました。
愛した娘を 夢に求めて……。
マップ 部屋名 座標 種別
忘れられた書庫    F-2




コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-05-17 17:35:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード