歴史書

ランガーオ村の歴史 編集
『ランガーオ村の歴史』という
ボロボロの本だ。
今のランガーオは おのれをきたえようとする
修行者たちが 集まる地となった。
しかし この村の起源を知る者は 少ない。
ことの始まりは 1000年以上前のこと。
オーグリード大陸に おそろしく強く
残忍な悪鬼が現れ 人々を恐怖におとしいれた。
そのとき 各地から オーガの戦士が集結して
100年にも渡る 激しい戦いの末
悪鬼を 結界の中に 封印せしめたのである。
その後も オーガの戦士たちは
封印の結界を見守るため この地に残った。
これが ランガーオ村の起源である。
マップ 部屋名 座標 種別
ランガーオ村 村王の家 F-5

グレン城の歴史 編集
『グレン城の歴史』という
きれいな 古めかしい書物だ。
グレン城は たけきオーガの戦士たちが
険しい崖に切りひらいた ほまれ高き城であるが
その歴史も また おだやかならぬ道であった。
500年前 大災害にみまわれた わが国は
人間たちによって 城をうばわれ
彼らに 戦争をしかけようとしたのである。
しかし 破邪舟師の少年と その友の行動が
いがみあう われらの心を溶かしてくれたのだ。
彼らこそ グレンを救った英雄であろう。
マップ 部屋名 座標 種別
グレン城下町 フルッカの家 C-5
※過去編クリア後

ウルベア地下遺跡を読み解く 編集
『ウルベア地下遺跡を読み解く』と
書かれた研究書だ。
ガタラ原野の西に位置する ウルベア地下遺跡。
その謎に迫るため ドルワーム王立研究院は
調査団を組み 本格的な調査に乗り出した。
だが この遺跡は ウルベアの一部に過ぎない。
じつは ドワチャッカ大陸各地で 同じ特徴を持つ
青白い石片が 出土したという報告がある。
我が調査団の間では 大陸全土にまたがり
巨大な帝国が 広がっていたのではないかという
一見 無茶な見解が 有力となっている。
マップ 部屋名 座標 種別
ドルワーム水晶宮 書物庫 D-1

砂漠に眠る夢 編集
『砂漠に眠る夢』という本だ。
今から数百年前。当時 学会の異端児と呼ばれた
考古学者 ペプドゥルが
ゴブル砂漠の真ん中で 1本の錫杖を見つけた。
ペプドゥルは つぶさに その錫杖を調べ上げ
この広大なゴブル砂漠のどこかに
遺跡が眠っているという 一つの仮説を立てた。
彼の世迷い言を 信じる者は いなかった。
だが ペプドゥルは 全財産を投げうって
遺跡の発掘に 乗り出したという。
そして 長い年月をかけた 発掘作業の末
とうとう 黄金の遺跡が発見された。
これが 今のドルワーム水晶宮となったのである。
「この世界に暮らす人々は 2種類に分類される。
 自分を信じる者と 自分も信じられない者だ」
          ペプドゥル・バブ・デチャト
マップ 部屋名 座標 種別
ドルワーム水晶宮 大使室 D-1

ドワチャッカ開拓史 編集
○○は ほこりをかぶった
『ドワチャッカ開拓史』という本を見つけ
手に取って読んだ。
ここに 三闘士の伝承を記す。
千古の昔 ドワチャッカ大陸に
三闘士と呼ばれた 3人の開拓者あり。
彼らの亡き後 その ゆかりの品々は
三闘士の神器として あがめられ
大陸を治める 三国に奉じられた。
中でも 第7代ウルベア皇帝 ボラングムニスは
祖先より伝わる 三闘士のハンマーを
特に丁重に扱い 常に持ち歩いていた。
その徹底ぶりたるや 己の死後に老いても
三闘士のハンマーを 同じ棺に入れるよう
臣下の者に 強く命じたほどだという。
ボラングムニスは 最期にこう伝えている。
王者の座を目指し者 我の眠るウルベア地下堂へ。
我は その訪れを 永遠に待っている……と。
マップ 部屋名 座標 種別
ドルワーム水晶宮 書物庫 D-1

レンドアに学ぶ町おこし 編集
『レンドアに学ぶ 町おこし』という本だ。
昔 小さな孤島だった この町は
漁業で 生計を立てる
貧しい集落に すぎなかった。
しかし 五大陸を結ぶ鉄道が 敷設され
レンドアに 立派な駅公舎ができると
旅人の往来が 盛んになった。
島民は漁業を捨て 港の整備に尽力した。
時代の変化に 柔軟に対応した 当時の島民が
現在のレンドアの繁栄を 生みだしたと言えよう。
マップ 部屋名 座標 種別
港町レンドア北 宿屋2階 F-4

メダル・オーナー繁盛記 編集
『メダル・オーナー繁盛記』という本だ。
我が主 ゴーレック様にお仕えして 数十年。
こうして思い返してみると その半生は まさに
山あり谷ありの 波瀾万丈なものでした。
私が はじめてお会いした時 おどろくべきことに
ゴーレック様は ほとんど 無一文の状態で
このラッカラン島は 何もない孤島だったのです。
世界中の旅人が集まる……そんな町を作るため
島を買い 全財産を失ったというゴーレック様の
男気に 私は心を打たれ 執事になりました。
主と私は 各大陸をめぐり 独立したい神父や
店を開きたい商人に タダで土地を貸すから
島の発展に協力してくれと 頼んで回ったのです。
その情熱は 種族を越えて伝わってゆき いつしか
この島は 地上の楽園と呼ばれ ゴーレック様は
人々の尊敬を 集めるようになりました。
マップ 部屋名 座標 種別
娯楽島ラッカラン 宿屋 C-5

リンジャハル考古学ガイド 編集
『リンジャハル考古学ガイド』という本だ。
およそ 5000年前の遺跡群が
良好な状態で残っている リンジャハル海岸は
考古学者のドリームランドと 呼ばれている。
現在の遺跡の規模から 大きな都市があったとの
推測されてるが 広い範囲で水没しているため
正確な大きさは わかっていない。
また 一部の装置などには 現代の理論では
解明できない技術が 使われており
当時の文明水準の高さが うかがえる。
マップ 部屋名 座標 種別
真のリンジャの塔 4階 C-6

商売の怪物 編集
『商売の怪物』という本だ。
海洋都市リンジャハルの創始者は
商才に富んだ ひとりの女性であったと
言われている。
彼女は レンダーシア内海の航路を確立し
各地域の民が必要としているものを 的確に
売り買いして 巨万の富を築いたという。
そんな彼女が セレド地方での拠点として
利用していた 海岸地域の集落が
海洋都市リンジャハルの前身となったのだ。
マップ 部屋名 座標 種別
真のリンジャの塔 4階 C-5

海洋都市の栄光 編集
かなり古い時代に 書かれたらしい
『海洋都市の栄光』という本だ。
精霊の恵みに満たされた 海洋都市リンジャハル。
この地には もはや 闇深い夜も 極寒の冬も
飢えや渇きも 存在しない。
一晩中 闇を照らしだす灯り。
地下水を汲み上げ 気候さえ
自在に操ることのできる 魔法装置。
尽きることのない エネルギーの前に
脅威と呼べるものは 何もない。
我々は 永遠の安寧を手に入れたのだ。
マップ 部屋名 座標 種別
真のリンジャの塔 4階 C-3

砂漠の狼王 編集
『砂漠の狼王』という本だ。
かつて アラハギーロ王国には
砂漠の狼王と呼ばれる 名君がいた。
剣術に秀で 学問への深い見識を持ち
民からも慕われた 王であったが
なぜか 生涯 妻をめとることはなかった
ある時から 狼王は弟に玉座をゆずり
各地を旅して 誰かを訪ね歩いたり
密林に残る遺跡に こもるようになった。
その姿はまるで 熱に浮かされ
なにかに 焦がれるようであったという。
マップ 部屋名 座標 種別
真のアラハギーロ王国 会議室 F-6

アラハギーロの歴史 編集
『アラハギーロの歴史』という本だ。
その昔 砂漠の民は 定住地を持たぬ
流浪の生活を 送っていた。
だが ある時 ひとりの若者が 砂漠の最果てに
聖なるチカラを持つ 不思議な石を発見した。
彼は その石を中心に 国造りをおこなう。
時は流れて 聖なる石は ピラミッドに姿を変え
若者は 建国王エージスと呼ばれるようになった。
こうして アラハギーロ王国は誕生したのである。
マップ 部屋名 座標 種別
真のアラハギーロ王国 兵士詰所 C-6

グランゼドーラ王家の始まり 編集
『グランゼドーラ王家の始まり』という本だ。
強大な悪と戦い 休息を必要とされた神は
残されたチカラで 選ばれし人の子に
神の加護を 与えたもうた。
選ばれし者から生まれた子が やがて
魔を滅ぼす勇者となりて 世界を救うであろうと
神は告げられたのだ。
生まれた子は 双子であった。
兄は 勇者として。弟は 勇者を支える友として
世界を脅かす魔と 戦ったという。
魔を滅ぼした後 兄は国をおこし 王となった。
これが グランゼドーラ王家の始まりである。
弟は人知れず いずこかへ旅立ったという……。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 図書室 D-5

不死の魔王と勇者の戦い 編集
『不死の魔王と勇者の戦い』という本だ。
1000年の昔 不死の魔王の配下
魔軍12将が率いる軍は かつてない規模の
大戦力で またたく間に 世界を侵略した。
だが 勇者も ひとりではなかった。
叡智の冠と呼ばれる賢者たちと
チカラを合わせ これに立ち向かったのだ。
勇者は 叡智の冠の協力を得て
魔軍12将を 各個に撃破していき
ついに 不死の魔王との 一騎打ちに挑んだ。
激戦の末 勇者は 不死の魔王に
勝利したものの 完全に滅ぼすことはできず
魔王の魂は 時空の彼方に封じられたという。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 図書室 E-4

無血王オドキン 編集
『無血王オドキン』という本だ。
グランゼドーラ王家の 長い歴史の中で
オドキン王ほど 異彩を放つ 王はいない。
彼は 王位に就いてから 退くまでの間
自国の民に限らず 敵対する者にすら
血を流させることがなかったと 伝えられている。
それほどに 彼は すべてを愛し
人望と 知恵と 慈悲により 国を治めたのだ。
王国の歴史は 戦いの歴史と言う者もいる。
だが このような王がいたことを
我々は 決して 忘れてはならない。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 図書室 E-4


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-08-30 16:40:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード