海底都市ルシュカの手記

とても古い手記 編集
とても古い 手記のようだ。
ルシュカが水底へ 沈みし時
陸に帰らんと 水面を目指して 泳いだ者も
無論 多くいたのだという。
しかし 泳いでも 泳いでも
水面からもれる光には 永遠に届かず
やがて ひとり ふたりと あきらめていった。
まるで この海は われらを閉じ込める
大いなる 牢獄のようであった。
マップ 部屋名 座標 種別
海底都市ルシュカ 宿屋 E-6

  • 最終更新:2017-02-27 01:18:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード