王都カミハルムイ南

ももものモーモン 編集
『ももものモーモン』という絵本だ。
まんまる お月さまのよる。
もももという名の ちいさなモーモンが
ふわふわ ものおもいに ふけっていました。
ももものきょうだいは たっぷり血をすって
りっぱなピンクモーモンに なったのに
もももだけは ちいさなモーモンのままでした。
もももは血がニガテで 飲めなかったのです。
お月さま ぼくは おちこぼれモーモンなの?
もももの目から しずくがぽたんとおちました。
すると お月さまのかげから まぼろしのように
あわくひかるモーモンがあらわれて いいました。
もももは ももものままで いいんだよ。
もももは たいせつなことを しりました。やがて もももは ゆきのように まっしろな
めずらしいモーモンに せいちょうしたんだとか。
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ南 古書店 F-3

星辰のことわり 編集
『星辰のことわり』という 古い手記だ。
私は 考えていた。自らの周りにあるモノを
いかに片づけ 整理するかを……。生きることは
すなわち 日々増えゆくモノとの戦いである。
苦悩の中 私は ふと夜空を見上げた。
そして 幾千の夜 あまたの星のきらめきの中
変わらぬ ひとつの法則に気づいたのだ。
不変の関係性をもちながら 天をめぐる星々。
私は その法則から導かれた術を
愛用のツボに施してみることを 試みた。
何度かの試作を経て それは成功した。
ツボの中に 無限ともいえる空間を構築したのだ。
それは いうなれば 小さな宇宙である。
このツボならば 万物をしまうことができよう。
天かける星々より 導かれたこの法則を
私は 星辰の摂理と名づける。
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ南 古書店 G-3

桜が原の隠者 編集
『桜が原の隠者』という 古びた本だ。
むかしむかし エルトナ大陸の南西には
野桜が咲き誇る 美しい野原が広がっていて
そこに ひとりの隠者が住んでいました。
隠者は お気に入りのツボを 持っていました。
それは入れても入れても いっぱいにならない
たいそう 不思議なツボでした。
ウワサは 国中に広まり 人々は いらないものや
処分に困ったものを ツボにしまってもらおうと
隠者を 頼るようになりました。
隠者は 人助けになるならと 人々の生活を脅かす
危険な呪いの品や 魔瘴でけがれたモノなどを
ツボにしまって封印し たいそう感謝されました。
しかし ある日突然 隠者はいなくなり
不思議なツボも どこかに消えてしまい
やがて 人々は 隠者のことを忘れていきました。
隠者が住んでいたのは 今の王都カミハルムイの
教会の向かいあたりだと いわれています。
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ南 古書店 G-3


レシピ

ルーンスタッフの本 編集
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ南 宿屋 2階 D-4 レシピ

ろうがぼうの作り方 編集
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ南 民家 F-2 レシピ

まがんの杖の作り方 編集
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ南 民家 H-2 レシピ


立て札

立て札 編集
桜に関することが 書いてあるようだが
文字がかすれて 読めない。
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ南   H-4 立て札


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-01-05 15:54:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード