真のグランゼドーラ城

まおうとゆうしゃ 編集
『まおうとゆうしゃ』という絵本だ。
まおうの城に ふみこんだ ゆうしゃは
まものたちをけちらし ついに まおうの待つ
玉座の間へと たどりつきました。
まおうは ゆうしゃに 言いました。
もし 私の味方になるならば
世界の半分を そたたにやろう。
ゆうしゃは 言いました。
この世界は おまえのものじゃない。
みんなのものだ……と。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 王族の私室 D-3

勇者の絵本 編集
『勇者の絵本』という本だ。
グランゼドーラ王国に現れた勇者が
呪いに打ち勝ち 大魔王を倒すまでの物語が
美しい さし絵と共に 描かれている。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 王族の私室 E-3

グランゼドーラ王家の始まり 編集
『グランゼドーラ王家の始まり』という本だ。
強大な悪と戦い 休息を必要とされた神は
残されたチカラで 選ばれし人の子に
神の加護を 与えたもうた。
選ばれし者から生まれた子が やがて
魔を滅ぼす勇者となりて 世界を救うであろうと
神は告げられたのだ。
生まれた子は 双子であった。
兄は 勇者として。弟は 勇者を支える友として
世界を脅かす魔と 戦ったという。
魔を滅ぼした後 兄は国をおこし 王となった。
これが グランゼドーラ王家の始まりである。
弟は人知れず いずこかへ旅立ったという……。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 図書室 D-5

不死の魔王と勇者の戦い 編集
『不死の魔王と勇者の戦い』という本だ。
1000年の昔 不死の魔王の配下
魔軍12将が率いる軍は かつてない規模の
大戦力で またたく間に 世界を侵略した。
だが 勇者も ひとりではなかった。
叡智の冠と呼ばれる賢者たちと
チカラを合わせ これに立ち向かったのだ。
勇者は 叡智の冠の協力を得て
魔軍12将を 各個に撃破していき
ついに 不死の魔王との 一騎打ちに挑んだ。
激戦の末 勇者は 不死の魔王に
勝利したものの 完全に滅ぼすことはできず
魔王の魂は 時空の彼方に封じられたという。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 図書室 E-4

無血王オドキン 編集
『無血王オドキン』という本だ。
グランゼドーラ王家の 長い歴史の中で
オドキン王ほど 異彩を放つ 王はいない。
彼は 王位に就いてから 退くまでの間
自国の民に限らず 敵対する者にすら
血を流させることがなかったと 伝えられている。
それほどに 彼は すべてを愛し
人望と 知恵と 慈悲により 国を治めたのだ。
王国の歴史は 戦いの歴史と言う者もいる。
だが このような王がいたことを
我々は 決して 忘れてはならない。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 図書室 E-4

損害報告書 編集
『損害報告書』という書類だ。
魔王軍襲撃に関する 損害の報告を記す。
兵士に 多大なる損害がありつつも
城下の国民に 負傷者は皆無なり。
これも ひとえに トーマ王子と
アンルシア姫の ご尽力によるものである。
だが この戦いにおいて
トーマ王子は 名誉の戦死をとげられ
アンルシア姫までもが 消息不明となった。
我が グランゼドーラ王国が受けた損害は
計り知れないものと 言えるだろう。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 会議室 F-6

……の研究…誌 編集
『……の研究…誌』という本だ。
かなり ボロボロになっていて
タイトルは まともに読めなくなっている。
私たちの研究も いよいよ 大詰めを迎えたが
この施設の規模では 研究の結果を
実践することは難しいと 判明した。
これまで 研究を支えてくれた 王家の方々には
感謝のしようもないが 我々は ふたたび
新たな研究場所を求めて 旅に出ねばならない。
もう少し……。もう少しなのだ。
この研究が終われば 私たちは また……
ここから 先は 文字がかすれていて
読むことが できなかった。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 西の塔-研究室 G-2


その他

勇者の聖壇 編集
           勇者の聖壇
     千年の昔 不死の魔王に戦いを挑み
       苦闘の果てに 勝利を収めた
       偉大なる勇者をここに称える
マップ 部屋名 座標 種別
偽のグランゼドーラ城
真のグランゼドーラ城
勇者の聖壇 D-5 その他

形見の剣 編集
トーマ王子の形見の剣が
ひっそりと 飾られている。
マップ 部屋名 座標 種別
真のグランゼドーラ城 王族の私室 E-4 その他


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-06-30 03:41:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード