竜族の隠れ里

はるか遠き 我らの故郷 編集
『はるか遠き 我らの故郷』という本だ。
奈落の門の向こうには 神代の昔
アストルティアから 切りはなされた
竜族の故郷が 存在している。
そこには 世にも美しい花々が咲き誇り
清らかな川が流れ 竜に変化した同胞たちが
澄み切った空を 飛び交っているという。
しかし そんな我らの理想郷は
奈落の門が 固く閉ざされ
何者も 至ることのかなわぬ場所となった。
この世界に残っていた 我らの先祖は
互いに身を寄せ合い 霧に包まれし山間に隠れ
里を築いて ひっそりと暮らすしかなかった。
そう……我らは 取り残された存在なのだ。
そして今や それさえも忘れ去られ
滅びの足音が ゆっくりと近づいてきている。
マップ 部屋名 座標 種別
竜族の隠れ里 民家 G-5

誰かの日記 編集
誰かの日記のようだ。
竜族の行く手には 深い霧が立ち込めている。
時を経るごとに 里はさびれ 人は老いる。
故郷の滅びを 黙って見過ごすわけにはいかない。
俺には 生まれつき 選ばれた才能がある。
厳しい修練を耐え抜き 竜化の術も身につけた。
旅立ちの準備は ととのっているんだ。
必ず 奈落の門の向こうへ 行ってみせる!
そして 同胞を見つけ 里へ連れて帰るんだ。
じいちゃんのためにも……みんなのためにも。
……日記は ここで終わっている。
裏表紙の下の方に かすれた文字で
「クロウズ」と 書かれていた。
マップ 部屋名 座標 種別
竜族の隠れ里 村長の家 D-2


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2015-06-14 20:46:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード