錬金と科学

錬金と科学 春号 編集
『錬金と科学 春号』という本だ。
春といえば 花の季節。
今回は エルトナ大陸 カミハルムイ城に在住の
ハネツキ博士のスゴイ業績を 紹介しちゃうぞ。
ハネツキ博士は 春しか咲かないはずの桜に
錬金術で作った 特殊な灰をふりまくことで
一年中 咲くようにしたのだ。
この桜の木は カミハルムイ城の中庭で
いつでも 見学することが出来るぞ。
しかし いくらキレイでも 枝を折るのは厳禁だ!
マップ 部屋名 座標 種別
岳都ガタラ 民家 G-6

錬金と科学 夏号 編集
『錬金と科学 夏号』という本だ。
夏といえば 太陽の季節。
今回は ドワチャッカ大陸が生んだ天才学者
ドゥラ院長のスゴイ業績を 紹介しちゃうぞ。
ドゥラ院長は 古代文明の遺産である 太陽の石の
エネルギーを利用して ドルワーム水晶宮の中を
自由に移動できる 転送装置を 復活させたのだ。
この転送装置は 誰でも使うことができる。
ただし 楽しいからって
水晶宮の中を 走りまわってはいけないぞ!
マップ 部屋名 座標 種別
ジュレットの町 民家 F-3

錬金と科学 秋号 編集
『錬金と科学 秋号』という本だ。
秋といえば 芸術の季節。
今回は ウェナ諸島の ヴェリナード王国に伝わる
スゴイ技術を 紹介しちゃうぞ。
ヴェリナード王国の女王様が その芸術的な歌声で
ウェナ諸島を守っているというのは 有名な話だが
島全土に 歌を届けるのは むずかしい。
そこで 役に立つのが 波紋の音叉という装置だ。
特定の歌に反応する 巨大な音叉が 振動して
女王様の歌は ウェナ諸島一帯に広まるという。
波紋の音叉は ウェナ諸島の南西にある
知恵の眠る遺跡で 見学することができるぞ。
ただし たたいたりするのは 厳禁だ!
マップ 部屋名 座標 種別
ガートラント城下町 民家 E-5

錬金と科学 冬号 編集
『錬金と科学 冬号』という本だ。
冬といえば たき火の季節。
今回は オーグリード大陸にある大国
ガートラントの秘密を 紹介しちゃうぞ。
ガートラント領の北にあるザマ烽火台は
いつも 白い煙をあげているが 緊急時には
赤い煙で 危険を知らせるように なっている。
これは 特殊な錬金術で作られた 煙玉を
種火の中に投げ入れることで 真っ赤な煙が
空いっぱいに広がるという 仕組みなのだ。
ザマ烽火台は 誰でも自由に見学ができる。
ただし どんなに気になっても
いたずらで 煙玉を入れたりしては いけないぞ!
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ北 民家 A-6


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-05-20 03:37:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード