錬金と科学 冬号

錬金と科学 冬号 編集
『錬金と科学 冬号』という本だ。
冬といえば たき火の季節。
今回は オーグリード大陸にある大国
ガートラントの秘密を 紹介しちゃうぞ。
ガートラント領の北にあるザマ烽火台は
いつも 白い煙をあげているが 緊急時には
赤い煙で 危険を知らせるように なっている。
これは 特殊な錬金術で作られた 煙玉を
種火の中に投げ入れることで 真っ赤な煙が
空いっぱいに広がるという 仕組みなのだ。
ザマ烽火台は 誰でも自由に見学ができる。
ただし どんなに気になっても
いたずらで 煙玉を入れたりしては いけないぞ!
マップ 部屋名 座標 種別
王都カミハルムイ北 民家 A-6

  • 最終更新:2014-05-09 20:02:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード